スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】河瀬監督の「殯の森」にグランプリ カンヌ国際映画祭!

2007年05月28日 10:28

ソース:サンスポ

 第60回カンヌ国際映画祭の授賞・閉会式が27日夜(日本時間28日未明)、フランス南部カンヌの映画祭主会場であり、河瀬直美監督(37)「殯(もがり)の森」が最高賞「パルムドール」に次ぐ審査員特別大賞「グランプリ」を受賞した

 邦画の同賞受賞は1990年の小栗康平監督「死の棘」以来。最近の主要賞では、97年に今村昌平監督の「うなぎ」が最高賞、2004年に柳楽優弥さんが「誰も知らない」で男優賞を受賞している。

 「殯の森」はグループホームで暮らす認知症の男性とわが子を亡くした介護士の女性が、男性の妻の墓を探して森の中をさまよう姿を通し、人間の生と死の接点を描いた。

 奈良市の文筆業うだしげきさんと女優の尾野真千子さん、渡辺真起子さんらが出演し、主に同市の山間部で撮影した。

 河瀬監督は奈良市生まれ。97年、初の劇場用映画「萌の朱雀」でカンヌ国際映画祭の新人賞「カメラドール」を史上最年少で受賞し、話題を呼んだ。主要賞の対象となるコンペティション部門への出品は03年の「沙羅双樹」以来、2度目だった。
スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shine999.blog88.fc2.com/tb.php/170-f5fde05b
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。